逆SEOを行ってでもライバルに容赦無いクレジットカード現金化

逆SEOを行ってでもライバルに容赦無いクレジットカード現金化

熾烈な市場の奪い合いがクレジットカード現金化業者の間で確認出来ます。

 

総量規制の施行前より、借りられなくなったこれまでの消費者が向かった矛先の一つとしてクレジットカード現金化に流れる事を有識者の間でコメントが出ていましたが、やはり予見されていたように施行後の結果として、国民生活センターが公式発表されているデータを閲覧しても分かるように相談件数が近年と比べましても、当時が全盛期の状態にあったことが裏付けられます。

 

施行される何年も前より、実店舗が堂々と運営をされていましたし、もちろん無店舗も数が少ないものの存在しておりましたが、この法改正を契機と見たのか続々と新店舗が出来上がるという副産物も生み出してしまい、起ち上げが比較的簡単な無店舗型が相次いで増え始めたのもこの頃が契機です。

 

そしてネット上の広告の奪い合いやSEO対策を行い、運営サイトがすぐに検索結果で表示されるコトを目指し、クレジットカード現金化と検索すれば全て広告や業者のページで埋め尽くされていました。

 

当然注意喚起をするページも有ったのですが、業者たちのやり口の方が上手だったのでしょう・・・今のような関連団体が提唱するページすらも超越する熱意を感じます。

 

検索順位を良くするための仕組みは、年々そのアルゴリズムが変更され、それまで存在していた攻略法が通用しなくなったことにより、故意に運営されていたサイトが軒並み姿を消していくという第三者から見物していると非常に面白い状況でした。

 

一昔前までは、外部リンクをひたすら貼り付けるという単純な作業だけで優位性が決まっていたために、資金的体力が大きければ大きいほど、つまりお金を掛ければ掛けるほどクレジットカード現金化を比較検討している人をかき集めることが出来るという縮図で、当時の広告数が非常に多かったためにこれまた堂々と掲載料金表を書いた比較サイトが有ったことにも懐かしさを覚えます。

 

今現在は、過去最強の仕様と言っていい位に複雑に作用されており、内容の無い消費者目線で運営されていない比較サイトや業者は、例え上位表示に成功しても長い間その位置を保つ事が無理な状況で、店名やサイトタイトルを検索に掛けたときに一番上(一位)に来ていない場合にはペナルティを受けた業者と判断してください。

 

当然、そのような業者を通してクレジットカード現金化をする必要など無いのですが、こうした「戦い」に敗れたサイトや運営者は現在上位表示をされているところを妬んでか、同じコンテンツをコピーして量産する逆SEOと呼ばれる手口を利用してスパムサイトとして検索エンジンから誤誘導をさせる事を行う者がおりますが、コツコツとしっかり運営しているサイトにそのような手法は一切通用しない仕組みすら気付かない彼らは、残念ですが努力する方向を勘違いされているのではないでしょうか。