キャッシングとクレジットカード現金化は同じでは無い

キャッシングとクレジットカード現金化は同じでは無い

クレジットカード現金化と言えば、審査が一切無い借入のこと・・・ではありません。

 

確かに逮捕された店員たちの容疑としては出資法違反の適用でしたが、このように判断された証拠と致しましては、実際に商品の取引が無く架空であったことに加え、他にも貸金業を営んでいたという事で判決が寄ったなんて言う情報サイトもあります。

 

この判決は約5年前の出来事ですので、こうした誤認に関しましては致し方ないのかもしれません。

 

しかし、還元するにしても買取にしてもこの取引を否定する事が出来るはずも無く、世の中で当たり前に行われている商法の一つであり、例えばナンバーポータビリティに伴うサービスであったり、世の中にある質屋さんやリサイクルショップの全てが該当する売買取引に基づくものです。

 

その為に特定して規制する事が求められていますが、現実的に難しい複雑な因果関係が働いているのか、公的機関では注意喚起をしているものの違法として断定した言葉遣いをしていない事が分かります。

 

その為に、どっちつかずな情報が出回ってしまうのですが、クレジットカード現金化は業者から融資を受ける仕組みではありません、

 

貸金業を営む為には都道府県知事の認可が必要になりますので、例え貸金業だと思い込んで利用するにしても、その許可に関する情報の記載など皆無ですから、いかに自分が危ない橋を渡ろうとしているのか気付かなければなりません。

 

そもそも貸金業を利用したくて金策するのであれば、クレジットカード現金化に頼らずにそのままお持ちのクレジットカードに備えられているキャンシング枠を利用したほうが賢い選択です。

 

貸金業の法改正後に借り入れ条件が厳しくなったコトについては認知されているものの、銀行系カードローンがその年収制限が無い事についてはご存知で無い方が多いのではないでしょうか?

 

もし、ご自身ももちろんですが、身の回りに金策で困っている方に銀行系カードローンの存在を教えてあげてください。

 

個人情報の照会は避けられませんが、同じ手数料と言えど数字を算出すればどちらを利用する事が自分にとって良い方向に歩み出せるのか分かります。

 

何に対してメリットを見出すのかは各々の見解によりますが、借金としてカウントされない、知人バレの確率が少ない、一括で支払いをすればそれっきりで完結出来るという事が私の中で思い浮かんだ事です。

 

キャッシングとクレジットカード現金化、いずれも利用しない方が良いに決まっています。

 

それでも選択をしなければならないのであれば、よく考えて目先の現金に捕らわれずに取引内容を熟知するように努めましょう。