結果的にロンダリングの一案件がクレジットカード現金化

結果的にロンダリングの一案件がクレジットカード現金化

ロンダリングの話題は何時の時代も尽きる事がありません。

 

とある元県議員さんが政治資金の私的流用疑惑で取り立たされているように、お金の項目はどうであれロンダリングは政治から民間まで幅広く行われています。

 

政治資金を私的流用する為に切手を大量購入後、金券ショップに持ち込んだり、私用にも関わらず公務の一環として経費計上された娯楽費や車両代など・・・指摘されれば返還に応じるという今の立場を失いたくない一心で素早い対応をするお偉いさんのひたむきさには感心を覚えます。

 

クレジットカード現金化もキャッシング枠のようにショッピング枠を直接ATMから引き出す仕組みとは異なるように、前述したように何かを介して現金を手にする仕組みとなって居ることから、ある意味ではロンダリングの一つとして考えられます。

 

実際に、とあるお店の宣伝文の中で「ショッピング枠の利用ですから経費計上出来ますよ」なんて書いてあります(笑)

 

遠回しに説明されておりますので、これを分かりやすく直訳しますと、会社のクレジットカードを利用して経費として領収書を出せば、結果的に換金率100%で利用できると言っているんです。

 

それがバレるバレないにつきましてはお店が知ったこっちゃないですから、申込み者の行動次第かと思いますが、まあ良い事では無いですよね?お店によってはこういう悪魔の誘いとも言える宣伝をしておりますので、手軽に乗らないように気を付けましょう。

 

その手法も様々であり、単純にマンツーマンの取引であれば、クレジットカードから現金に置き換えていただいても分かるように、これでは融資と何ら変わらないことによって出資法違反となってしまいます。

 

その為に、媒介物を介したり買取の仕組みを用いて買取と販売用の法人を設けたり、媒介物を他所より購入させて送らせるという事まで・・・。

 

クレジットカード現金化はあくまで総称であり、取引内容が合理的に行われていることから、何十年も営業できる老舗サイトが存在している理由ではないでしょうか。

 

さらに与信枠の換金を助長しているチケット市場はキャッシュレス決済市場の成長によって拡大を続けており、とうとうプリペイド式電子マネーに関する具体的な法的施行の審議を省庁で行われている状況です。

 

クレジットカード現金化業者の中で成功したのか、なんと六本木ヒルズに事務所を構えている法人も存在しており、お金の悩みを抱えている貧困者から巻き上げたお金で良い生活を送っている様が垣間見えます。

 

利益を出したならもっと手数料を下げるなど還元するどころか、逆に値上げを行う強気な姿勢を見せており、今後の規制によってどうなるのか注目を集めいています。