公安委員会許可店など悪徳業者の証拠である

公安委員会許可店など悪徳業者の証拠である

当サイトをご覧になって居る方の中には、これからクレジットカード現金化を利用しようとしている方、既に利用している方、はたまた物好きな方のいずれかでしょう。

 

そこまで大きな露出がされていないのにも関わらず訪問してくださっていると言う事は、かなりアレコレと検索キーワードを調べて辿り着かないと思います。

 

特に初めての申込みをしようと試みている方は是非これから綴る事は頭に入れて、実際の店員との対応と照らし合わせながら比較してみてください。

クレジットカード現金化業を公安委員会は一切認めていません!

世間的にも反社会的な金策方法であるとして、各団体や専門職の有識者の間では、クレジットカード現金化そのものを特定した法律の制定を呼びかけているくらい、消費者にとって不利益を被る可能性が高いとされています。

 

媒介物次第に置いては、通常のショッピングと何ら変わりない為にこれを違法と断定する事が出来ない為にAmazonギフト券などの目新しいサービスが応用されたりしている現状です。

 

そんな中で、古物商と想定される公安委員会の許可番号を堂々と掲載しているクレジットカード現金化業者が増えてきております。
これまで買取式の業者は、許可を貰っているから安心ですという宣伝をしていましたが、全国で初めての逮捕者が現れてから公安の積極的な対策キャンペーンにより、こうした誤解を与えかねない表現の削除要請が施行されました。

 

それもむなしく、媒介物として電子ギフト券が注目をされるようになり、買取します、と言いながら許可を貰わず営業をしている業者もあったようですが、信用を得られないと知ってか知らずかこれまで掲載されていなかった業者も取得をするようになった傾向です。

 

しかし、公式ページでも明らかにされていますが、クレジットカード現金化を認めた証ではありません。

 

この許可の取得方法が問題なのですが、実店舗で行うのであれば事前に立ち入りが有りますが、無店舗型の場合にも立ち入りがあるものの、業務風景に関してはそこまで見られること無く、ただの所在確認程度しか行われることがありません。

 

また、ネット専業で行う場合にはURLを届け出る必要がありますが、これを行わない業者も多く、ネットで公表されている許可されたURL一覧にクレジットカード現金化業者が載ることがありません。

 

許可番号を堂々と掲載している中でクレジットカード現金化を行っているのですが、実際には野放し状態であるからこそ、運営が可能になっているという事であり、我々このような状況なのに利用しようとしているという事を覚悟して臨まなければならないのdす。