クレジットカード現金化に電子マネーを利用する方法

クレジットカード現金化に電子マネーを利用する方法

クレジットカード現金化には向かない電子マネーですが、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで商品を購入してそれを転売するという形であれば、クレジットカード現金化に電子マネーを利用する方法も現実的なものになってきます。

 

手間と時間がかかってもいいという方であれば、電子マネーで商品を購入し、転売することによってクレジットカード現金化をしてみるといいでしょう。

 

クレジットカード現金化に電子マネーを利用して商品を購入し転売する方法

 

まずは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化の方法についてです。

 

電子マネーの中には、クレジットカードでのチャージが可能な電子マネーがあります。

 

クレジットカードでその電子マネーにチャージし、その電子マネーで換金率の高い商品を探し、購入しましょう。

 

その購入した商品を高く売れる方法で転売します。

 

商品が売れれば、現金が手元に入ってくるという流れになりますが、まどろっこしい部分は確かにあります。しかしこれはこれでメリットがあるのです。

 

電子マネーを利用したクレジットカード現金化はカード利用停止のリスクが低い

 

クレジットカードで換金率の高いものを購入し、現金化するという方法はクレジットカード利用停止のリスクが高いものです。

 

しかしながら、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで換金率の高いものを購入するという形であれば、クレジットカード利用停止のリスクをかなり下げることができるのです。

 

クレジットカードでそのまま換金率の高いものを購入すると、それだけでクレジットカード会社から目をつけられてしまうものです。

 

ですが、現在では様々な電子マネーが存在し、その電子マネーをクレジットカードでチャージすることも一般的になっています。

 

電子マネーのチャージということであればクレジットカード会社も「電子マネーのチャージをしているだけ」と判断しているものです。

 

実際に電子マネーそのものを現金化するのは難しいのですが、それを使って商品を購入し、転売するという形であればクレジットカード現金化も可能なのです。

 

クレジットカード利用停止のリスクが低いというのは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化における唯一のメリットと言っていいでしょう。

関連ページ

未成年はクレジットカード現金化に注意せよ!
クレジットカード現金化を利用しようとしている未成年の方、未成年はクレジットカード現金化できません。できるといっているところは詐欺サイトかもしれませんよ。