2017年03月

クレジットカード現金化には向かない電子マネーですが、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで商品を購入してそれを転売するという形であれば、クレジットカード現金化に電子マネーを利用する方法も現実的なものになってきます。

 

手間と時間がかかってもいいという方であれば、電子マネーで商品を購入し、転売することによってクレジットカード現金化をしてみるといいでしょう。

 

クレジットカード現金化に電子マネーを利用して商品を購入し転売する方法

 

まずは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化の方法についてです。

 

電子マネーの中には、クレジットカードでのチャージが可能な電子マネーがあります。

 

クレジットカードでその電子マネーにチャージし、その電子マネーで換金率の高い商品を探し、購入しましょう。

 

その購入した商品を高く売れる方法で転売します。

 

商品が売れれば、現金が手元に入ってくるという流れになりますが、まどろっこしい部分は確かにあります。しかしこれはこれでメリットがあるのです。

 

電子マネーを利用したクレジットカード現金化はカード利用停止のリスクが低い

 

クレジットカードで換金率の高いものを購入し、現金化するという方法はクレジットカード利用停止のリスクが高いものです。

 

しかしながら、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで換金率の高いものを購入するという形であれば、クレジットカード利用停止のリスクをかなり下げることができるのです。

 

クレジットカードでそのまま換金率の高いものを購入すると、それだけでクレジットカード会社から目をつけられてしまうものです。

 

ですが、現在では様々な電子マネーが存在し、その電子マネーをクレジットカードでチャージすることも一般的になっています。

 

電子マネーのチャージということであればクレジットカード会社も「電子マネーのチャージをしているだけ」と判断しているものです。

 

実際に電子マネーそのものを現金化するのは難しいのですが、それを使って商品を購入し、転売するという形であればクレジットカード現金化も可能なのです。

 

クレジットカード利用停止のリスクが低いというのは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化における唯一のメリットと言っていいでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/28 17:46:28

未成年でも気軽にクレジットカードが持てる、そんな時代が到来しました。
昔はクレジットカードといえばお金持ちの象徴、『クレジット』がつくだけに、信用がない人は持てない代物でした。

 

しかし、現在においてはクレジットカード会社も顧客の拡大に必死です。人口が減り続け、内需が縮小していくことが予想される日本において、若いうちからクレジットカードを持って使ってもらえれば自社のクレジットカードを使い続けてくれるであろうという期待から、大学生や専門学生などの未成年にも学生専用カードを作って特典をつけてまでクレジットカードの普及を狙っています。

 

就職活動において卒業前の優秀な学生を真っ先に採用しておくことを俗に青田買いといいますが、クレジットカード会社としても優良な顧客の青田買いをしているといった感じでしょうか。
未成年でもクレジットカードが持てるのは大いに歓迎すべきことではありますが、問題はその使い方です。

 

大の大人でもクレジットカードの使い方を間違えてしまうことがあります。特に、クレジットカード現金化での失敗は状況が深刻化しやすいという恐れがあります。

 

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して現金を手に入れる金策です。通常クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、未成年の持てるクレジットカードにはキャッシングがついていません。未成年は借金ができないためにキャッシング枠がついていないので、現金が欲しい場合、『裏技』と呼ばれる方法を模索するかと思います。

 

その際見つかるのがクレジットカード現金化だとしたらどうでしょうか。この手法はグレーゾーンなサービスなので、未成年でも利用できるようなイメージがあるかと思います。
しかし、クレジットカード現金化業者はあくまで法令を遵守している業者が存続することができます。未成年の利用はトラブルにつながりやすいために、歓迎する業者はどこにもいないでしょう。
いるとすれば、詐欺業者です。法律でも保護の対象になる未成年は、詐欺業者にとっては最も搾取しやすい対象なのです。詐欺の手口は年々巧妙になり、下手をすると騙されていることがわからないまま一生ついて回ってきます。

 

もう一度いいますが、未成年はクレジットカード現金化できません。もちろん、クレジットカード会社との規約に違反する行為でもあります。妙な金策にこだわる前に、自分でお金を一生懸命稼ぐことから始めましょう。

続きを読む≫ 2017/03/03 18:33:03