カードローンを利用する前にクレジットカード現金化

カードローンを利用する前にクレジットカード現金化

手元に現金がない、現金でしか支払いができない場合、カードローンを利用して現金を手に入れる方法があります。

 

カードローンは消費者金融や銀行などの金融機関が個人に無担保でお金を貸すサービスですが、担保が必要ないということは審査が厳しいということです。

 

金融機関側は借り手に現金の貸付をする際、返済能力がない人に貸付をしてしまい自己破産されると損失になってしまう為、年収や信用情報などからしっかりとした返済能力があるかどうかを判断します。

 

審査が厳しいということは、それだけ時間もかかるということです。

 

よくCMでは「審査最短30分〜」と宣伝していますが、あくまでその時間は最短であり、専業主婦や学生など定職に就いていない人は審査に時間がかかる、審査が通らないということも考えられます。

 

カードローンを利用して即日でお金を借りることが難しいと思われる人は、クレジットカード現金化を利用することを考えてみてはどうでしょうか。

 

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠があれば審査もなく即日で誰でも利用することが可能です。

 

もちろん、専業主婦や学生でも利用できます(ただし20歳未満の未成年は不可)。

 

カードローンを利用する場合、消費者金融などのノンバンクからの借入は総量規制の対象になります。

 

しかし、クレジットカード現金化を利用する際はショッピング枠の利用なので、これは総量規制の対象外なのです。

 

また、カードローンの利用は信用情報会社に借金の情報として残ります。

 

その点、クレジットカード現金化であれば買い物をしただけとみなされるので、信用情報会社に情報が載ることもありません。

 

上記の理由から、即日で気軽に利用できるというメリットがあるので、少額なんだけどすぐに現金が欲しい、という人にとってはクレジットカード現金化の利用が便利であるといえます。

 

注意しておきたいこととしては、ショッピング枠の範囲内でしか利用できないということです。

 

カードローンであれば審査で通った枠の範囲内で現金を借りることができますが、ショッピング枠を利用する際も同じです。

 

公共料金の支払いなどをクレジットカードで行っている場合、利用可能額を勘違いしやすく引き落としがされないケースもあります。

 

普段からクレジットカードの利用可能額を確認し、支払いに余裕を持ちながら利用することができるようにしましょう。