2016年12月

多重債務に陥り、その返済に悩んでいる人が早めに取って欲しい手続きとは、おまとめローンニヨルローン一本化になります。

 

すでにどこの貸金業者も債務整理に関するメニューを取り入れている動きがあり、特に広告宣伝が厳しい業種なのでごく一部だけが行っているようにも見えますが、意外と取り扱いをしている業者の数は多いので検索すると比較的簡単にサービスに申し込みをする事が出来ます。

 

3社以上の借り入れ先があれば、借入額が少なくても多重債務者として見られてしまいますが、実はそんなときにクレジットカード現金化を活用できます。

 

借入先の数はできるだけ減らす

借り入れ先を分散することは、いいことのように思えますね?しかし、融資の際に、審査項目として借入額だけではなく、借り入れ先の数も重要になってきます。

 

同じ借入額でも、借り入れ先が多くなると、融資審査では不利になってきます。

 

3社以上あれば立派な多重債務者!もしものときに借りられるからと、複数の消費者金融業者で少額でもキャッシングをしているとしたら、今すぐ整理する事が最も望ましく、多重債務者は借金が少しずつ増えるパターン化していますから、いつかは支払ができなくなってしまう可能性が高い人なのです。

 

クレジットカード現金化の活用

そこで、借入とは全く別の仕組みを一時的に活用します。

 

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は、ショッピング枠のほうが圧倒的に多く、人によっては100万円以上の金額が設定されていることがあります。

 

この枠とカードのキャッシング枠を使って、一番金利の低いキャッシングやカードローンに置き換えることができます。

 

そして、使わなくなった他社のキャッシングやカードローンは、完済し解約しておきます。完済や解約の実績があれば、逆にそれだけ信用が増す&さらに借入枠も増えます。

 

ショッピング枠を利用していますから、借入額としてみなされることはなくなりますし、新たに車や住宅ローンを組むときに一時的でも借入枠を増やしたいなら発行元に連絡して一時的に引き上げてもらう事も可能なようです。

 

ショッピング枠は総量規制とは無関係

キャッシングでは、貸金業者から借りている場合は、総量規制の対象になっています。

 

そのため、年収の3分の1以上の借り入れはできないようになっています。それ以上借りるのであれば、業者のほうがストップをかけます。

 

一つの業者だけではなく、複数の業者で借りていても同じことですが例外として銀行のカードローンがあります。

 

そして、クレジットカードのショッピング枠も対象外であり、一時的に借入額をショッピングに付け替えることで、見事に借り入れ先を一本化できます。

 

これで、おまとめローンやローン一本化と同じことをしていることになります。次にすることは、より有利な条件で借りられる借入先を探すことです。

 

まとめ

クレジットカード現金化をおまとめローンに利用する方法をお伝えしました。最後は、より金利の低くて借入限度額の多い借り入れ先一本に絞って、変更することを忘れないようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/12/08 11:40:08