2015年11月

消費者心情として、どうしても受動的な心理状態に陥りやすいので相手が何かしてくれるものであると認識してしまいます。

 

しかし、そのサービスの対価としてお金や情報を相手に渡すことになりますので、互いに何かを得て何かを失う相互関係が成り立って取引が成立しています。

 

クレジットカード現金化につきましては、最終的な目的がショッピング枠の換金であるものの、実際に取引されているのは与信枠では無く、"商品"を媒介させた結果としての換金で有りますので、それが合理的な取引で行われているのであれば問題が無い、というのが現状です。

 

何しろ、無店舗型がよく批評のターゲットとにされていますが、店舗を実際に構えて営業をしている業者たちは、運営形態上、地域密着型で全国の利用者を相手にしているネット集客よりも、地元の人たちに絞り込んだ客層を相手にする事が出来ますので、ある意味広告費を掛けることなく効率的な運営をしています。

 

看板を出して営業していても、既成事実として今もなお繁華街等で堂々と営業をしているのです。

 

その様は誰もが目にする事が出来るような、駅前にドカンと露出されていることが多く、それだけの人の目があるのに堂々と営業を続けられているのですから世間天気なイメージはどこへやら。。。

 

最近、クレジットカード現金化業者に強盗が入ったのですが、テレビでもバッチリと店名とクレジットカード現金化の文字が確認されるのにも関わらず、メディア側では一切、クレジットカード現金化業者であるコトを伏せて報道されていました。

 

お店側が逮捕されるコトが無くて、世間的なイメージとは裏腹の逮捕劇だっただけに伏せる事が妥当としたのでしょうか?今回の事件でテレビというメディアに公平性は無いんだな、と感じました。

 

クレジットカード現金化業者が逮捕された際には、店名やその手口についてアレコレ報道するのにも関わらず、「クレジットカード現金化業者に強盗が押し入り・・・」とするべきはずが、「金券ショップに強盗が押し入り・・・」と情報操作をしている事に呆れました。

 

集客の方法として融資を語る手口で検挙された古物商の許可証を有する業者が過去に逮捕されましたが、融資と語る集客が出資法違反であってもクレジットカード現金化を集客する事は法律違反では無いということが現状です。

 

何に違法として見出すのかは、実際にその商品がどのように取引されているかが焦点ではないでしょうか?これが業者の逮捕に繋がっていると考えますと、老舗●●年なんて言葉を使って集客をしているお店も有りますが、比較項目としての一要因と挙げられている理由として合点します。

続きを読む≫ 2015/11/08 12:38:08