注意喚起!クレジットカード現金化業者を検討する前に

注意喚起!クレジットカード現金化業者を検討する前に

貸金業やカードローンなどのキャッシングに対して抵抗感を頂く方にとって好評価を頂いているサービスという宣伝でお馴染み(?)のクレジットカード現金化。

 

お店が申込み者に対してダイレクトに融資をする仕組みでは無く、申し込み者自身のクレジットカードで何らかの媒介物となる商品を購入し、その商品に見出された換金率でお店側が買取をすることで結果的に現金を手にすることが出来るという仕組みです。

 

何かとクレジットカード現金化という言い回しを利用するとマイナスイメージが働きますが、質屋さんと同じ仕組みでありますので、本質は古物商許可を取得している古物業であるようで、クレジットカード現金化を目的とした古物営業を認められていることは無いものの、仕組みとして成立することが出来る盲点を突いていることが理解できるかと存じます。

 

しかし、同一店舗で商品の販売から買取まで行っていると言う事は無く、許可を一度取得しますと必ず更新に伴う講習会への参加を促されますので、その際には取引に関わる帳簿を見られる事もあるでしょうし、資格所有者がクレジットカード現金化業を行っていることが明らかになってしまいますので、おおよそ商品購入先と買取依頼先は別法人が用意されていることが予想されます。

 

今現在までに、こうした商売を特定的に規制した法律は存在しないとされていますが、業者が利用者に対して換金するまでの間に商品売買として適切な手続きを行っていなかったコトを取りあげて、出資法違反で逮捕した事が判例として既にあります。

 

これまでに違法性を疑われながらも、融資との線引きが難しい事で関連団体も注意喚起するまでに留まっており、実例が挙がってからもいまだその内容は変わらず総量規制前後に行われていたキャンペーンも既に更新を行っていません。

 

そもそも、総量規制完全施行から月日が経過した事により、年収制限が設けられていない銀行系カードローンが受け皿として認知された事も影響してか、クレジットカード現金化に関わる相談件数が減少していることはもちろん、当時より店舗数や広告も激減しており、正に壊滅へと追いやっているという印象を感じさせます。

 

確かに勢いは衰えを見せているものの、今現在は新たな媒介物を用いてこれまでの摘発対象とされていた基準を掻い潜ろうと試みる買取業者が増えています。

  • Amazonギフト券という現金と同額の扱いで利用できる
  • 商品を選択させる
  • 商品の発送履歴が有り、架空の商品売買では無い

クレジットカード現金化の注意喚起サイト

 

上記3点を守られているのであれば今後も摘発する事自体が難しいのですが、基本的に各メディアで称賛されるコトが無い金策で有る為に今後も衰退していくことは明白ではないでしょうか。

 

さらに、業者が検挙されたコトによって利用者に関してはクレジットカード会社に対する詐欺罪が適用される要素があるものの、これまでに例は無く某比較サイトでは「逮捕されたのは業者だけなので安心してください」という書き方までされています。

クレジットカード現金化にマニュアルがある!?

今節クレジットカード現金化にマニュアルがあるかのように誤った内容を発信している比較ウェブサイトが見受けられます。

 

そこで掲載される情報の多くは閲覧者が申し込みする事を前提にした内容で、借金するよりも換金する事の方がお得であるという記述やメリットに執着しデメリットについては野放しにされている比較ウェブサイトもあります。

 

こうした情報の裏側には、なんとしてもお店の申し込みフォームを経由して換金してもらいたいという意図が隠されています。
中には一つだけでなく複数の比較ウェブサイトを運営しているのか、どのページを見ても全く同じ構成で色だけ変えて紹介先も同じクレジットカード現金化業者・・・なんてこともあります。

 

つまるところ、今の時代一個人であっても複数のホームページを開設する事は可能であり、クレジットカード現金化業者が自ら比較ウェブサイトで集客する事も実質可能という事です。

 

こんな事が普通に行われているかもしれないと考えますと非常に恐ろしいですね・・・。

 

しかしご安心を!悪質な内容を見破るテクニックがあります。

 

基本的に情報というのは誰かが目的をもって発信していると考えますと、世の中の情報とは広告で出来ていると言えます。
これはあくまで基本とする考え方になりますが、クレジットカード現金化に関して特にその色濃く出ている構成として、紹介されている業者の数が多いという事です。

 

つまり、掲載されている業者が多ければ多いほど収益機会が増えるという事が推測されます。

 

さらに、業者を紹介するページが多い割には、換金する事に対しての情報が少ない事も挙げられ、中には全く確認できないところもあります。

 

当然、その情報の文字数が少ないところよりかは、なるべく情報量が多くて文字数が沢山ある濃厚な情報が詰まった比較サイトを閲覧する事でなるべく多くの有益な情報を集める事ができます。

 

最近多いのは、クレジットカード現金化業者すらも騙す内容

 

換金する事がお金を借りる事では無い事は言うまでもありませんが、クレジットカード現金化業者はお金を貸してくれるところとして紹介しているケースもあります。

 

当然、貸金業における許可を受けているところは皆無ですから、本当にこれを請け負っていれば犯罪です。

 

実際にお金を貸してくれるんですか?と尋ねてみるとすぐに判明しますが、そのつもりで申し込みをしても断られます。

 

しかし紹介した比較ウェブサイトは申し込みさせる事によって収益が立つので、申し込みした方がクレジットカード現金化をしようがしまいが関係ないというスタンスで、未成年の集客や貸金業としての紹介をしていることもあるようです。

クレジットカード現金化には向かない電子マネーですが、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで商品を購入してそれを転売するという形であれば、クレジットカード現金化に電子マネーを利用する方法も現実的なものになってきます。

 

手間と時間がかかってもいいという方であれば、電子マネーで商品を購入し、転売することによってクレジットカード現金化をしてみるといいでしょう。

 

クレジットカード現金化に電子マネーを利用して商品を購入し転売する方法

 

まずは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化の方法についてです。

 

電子マネーの中には、クレジットカードでのチャージが可能な電子マネーがあります。

 

クレジットカードでその電子マネーにチャージし、その電子マネーで換金率の高い商品を探し、購入しましょう。

 

その購入した商品を高く売れる方法で転売します。

 

商品が売れれば、現金が手元に入ってくるという流れになりますが、まどろっこしい部分は確かにあります。しかしこれはこれでメリットがあるのです。

 

電子マネーを利用したクレジットカード現金化はカード利用停止のリスクが低い

 

クレジットカードで換金率の高いものを購入し、現金化するという方法はクレジットカード利用停止のリスクが高いものです。

 

しかしながら、クレジットカードで電子マネーをチャージし、その電子マネーで換金率の高いものを購入するという形であれば、クレジットカード利用停止のリスクをかなり下げることができるのです。

 

クレジットカードでそのまま換金率の高いものを購入すると、それだけでクレジットカード会社から目をつけられてしまうものです。

 

ですが、現在では様々な電子マネーが存在し、その電子マネーをクレジットカードでチャージすることも一般的になっています。

 

電子マネーのチャージということであればクレジットカード会社も「電子マネーのチャージをしているだけ」と判断しているものです。

 

実際に電子マネーそのものを現金化するのは難しいのですが、それを使って商品を購入し、転売するという形であればクレジットカード現金化も可能なのです。

 

クレジットカード利用停止のリスクが低いというのは、電子マネーで商品を購入して転売するクレジットカード現金化における唯一のメリットと言っていいでしょう。

続きを読む≫ 2017/03/28 17:46:28 2017年03月

未成年でも気軽にクレジットカードが持てる、そんな時代が到来しました。
昔はクレジットカードといえばお金持ちの象徴、『クレジット』がつくだけに、信用がない人は持てない代物でした。

 

しかし、現在においてはクレジットカード会社も顧客の拡大に必死です。人口が減り続け、内需が縮小していくことが予想される日本において、若いうちからクレジットカードを持って使ってもらえれば自社のクレジットカードを使い続けてくれるであろうという期待から、大学生や専門学生などの未成年にも学生専用カードを作って特典をつけてまでクレジットカードの普及を狙っています。

 

就職活動において卒業前の優秀な学生を真っ先に採用しておくことを俗に青田買いといいますが、クレジットカード会社としても優良な顧客の青田買いをしているといった感じでしょうか。
未成年でもクレジットカードが持てるのは大いに歓迎すべきことではありますが、問題はその使い方です。

 

大の大人でもクレジットカードの使い方を間違えてしまうことがあります。特に、クレジットカード現金化での失敗は状況が深刻化しやすいという恐れがあります。

 

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して現金を手に入れる金策です。通常クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、未成年の持てるクレジットカードにはキャッシングがついていません。未成年は借金ができないためにキャッシング枠がついていないので、現金が欲しい場合、『裏技』と呼ばれる方法を模索するかと思います。

 

その際見つかるのがクレジットカード現金化だとしたらどうでしょうか。この手法はグレーゾーンなサービスなので、未成年でも利用できるようなイメージがあるかと思います。
しかし、クレジットカード現金化業者はあくまで法令を遵守している業者が存続することができます。未成年の利用はトラブルにつながりやすいために、歓迎する業者はどこにもいないでしょう。
いるとすれば、詐欺業者です。法律でも保護の対象になる未成年は、詐欺業者にとっては最も搾取しやすい対象なのです。詐欺の手口は年々巧妙になり、下手をすると騙されていることがわからないまま一生ついて回ってきます。

 

もう一度いいますが、未成年はクレジットカード現金化できません。もちろん、クレジットカード会社との規約に違反する行為でもあります。妙な金策にこだわる前に、自分でお金を一生懸命稼ぐことから始めましょう。

続きを読む≫ 2017/03/03 18:33:03 2017年03月

手元に現金がない、現金でしか支払いができない場合、カードローンを利用して現金を手に入れる方法があります。

 

カードローンは消費者金融や銀行などの金融機関が個人に無担保でお金を貸すサービスですが、担保が必要ないということは審査が厳しいということです。

 

金融機関側は借り手に現金の貸付をする際、返済能力がない人に貸付をしてしまい自己破産されると損失になってしまう為、年収や信用情報などからしっかりとした返済能力があるかどうかを判断します。

 

審査が厳しいということは、それだけ時間もかかるということです。

 

よくCMでは「審査最短30分〜」と宣伝していますが、あくまでその時間は最短であり、専業主婦や学生など定職に就いていない人は審査に時間がかかる、審査が通らないということも考えられます。

 

カードローンを利用して即日でお金を借りることが難しいと思われる人は、クレジットカード現金化を利用することを考えてみてはどうでしょうか。

 

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠があれば審査もなく即日で誰でも利用することが可能です。

 

もちろん、専業主婦や学生でも利用できます(ただし20歳未満の未成年は不可)。

 

カードローンを利用する場合、消費者金融などのノンバンクからの借入は総量規制の対象になります。

 

しかし、クレジットカード現金化を利用する際はショッピング枠の利用なので、これは総量規制の対象外なのです。

 

また、カードローンの利用は信用情報会社に借金の情報として残ります。

 

その点、クレジットカード現金化であれば買い物をしただけとみなされるので、信用情報会社に情報が載ることもありません。

 

上記の理由から、即日で気軽に利用できるというメリットがあるので、少額なんだけどすぐに現金が欲しい、という人にとってはクレジットカード現金化の利用が便利であるといえます。

 

注意しておきたいこととしては、ショッピング枠の範囲内でしか利用できないということです。

 

カードローンであれば審査で通った枠の範囲内で現金を借りることができますが、ショッピング枠を利用する際も同じです。

 

公共料金の支払いなどをクレジットカードで行っている場合、利用可能額を勘違いしやすく引き落としがされないケースもあります。

 

普段からクレジットカードの利用可能額を確認し、支払いに余裕を持ちながら利用することができるようにしましょう。

続きを読む≫ 2017/02/13 18:51:13 2017年02月
ギフトクレジット
ギフトクレジット クレジットカード現金化業者の中でも目にする機会が多い方かと思います。ウォッチャーとして評価したいところは、これまでも大型連休や年末年始の様に世間のイベント事とは裏腹に休業にしないという点です。これは換金を希望する者にとって必要なタイミングで連絡がいつでも取れるというだけでなく、トラブル時に「休業日で対応していくれない」という心配がありません。ほかのクレジットカード現金化業者はそのような金融機関の休みに合わせて休みを取るケースが多く確認されます。また、最近出てきた業者よりも見た目は良くないですが、ずっと変わらないところは逆に好感は持てます。
電話番号 詐欺の口コミ 土日祝日の営業
0120954638 確認されず 365日営業

老舗とは言えないが、営業年数はそこそこある

これまでにも数多くのクレジットカード現金化業者が開店しては閉店という様を見てきましたが、当然その前から営業を続けているお店も有りますが、続々と開店されてきたお店の中でも生き残っていると言えます。

 

営業年数があればあるほど既に利用されている顧客を持つことから、顧客とのトラブルが起きたり、法的なトラブル、さらには客が来ないという理由でもない限りは営業を続けていくのが事業として営業しているのであれば当たり前です。

 

しかしながらオープンして間もないのに創業年数を偽って記載しているクレジットカード現金化業者もありますし、こうしたことを考えますと比較サイトでも一定の評価を受けている業者ですから実績は十分という事でしょう。

 

即時即日対応とのことで、特に急用な出費の時は間違いなく味方になってくれることでしょう。

 

換金の手段はキャッシュバック方式と紹介されているところもありますが、一方で他の換金手段について言及している情報もあり、最適な方法を提案してくれるのではないでしょうか。

 

業者を紹介するサイトにはレーダーチャートが設置しており、点数形式で評価することが度々ありますが・・・正直当サイトでは比較する項目として当てにならないと考えています。

 

結局のところその点数を決めるのは他でも無く自分自身が判断しなければ、本当に自分にとって優良なクレジットカード現金化業者に巡り合う事は不可能です。

 

参考程度にとどめ、問い合わせをする先としてカウントすることがオススメです。

 

ギフトクレジットにつきましては、その内の一つとして比較検討してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2017/01/13 16:40:13

多重債務に陥り、その返済に悩んでいる人が早めに取って欲しい手続きとは、おまとめローンニヨルローン一本化になります。

 

すでにどこの貸金業者も債務整理に関するメニューを取り入れている動きがあり、特に広告宣伝が厳しい業種なのでごく一部だけが行っているようにも見えますが、意外と取り扱いをしている業者の数は多いので検索すると比較的簡単にサービスに申し込みをする事が出来ます。

 

3社以上の借り入れ先があれば、借入額が少なくても多重債務者として見られてしまいますが、実はそんなときにクレジットカード現金化を活用できます。

 

借入先の数はできるだけ減らす

借り入れ先を分散することは、いいことのように思えますね?しかし、融資の際に、審査項目として借入額だけではなく、借り入れ先の数も重要になってきます。

 

同じ借入額でも、借り入れ先が多くなると、融資審査では不利になってきます。

 

3社以上あれば立派な多重債務者!もしものときに借りられるからと、複数の消費者金融業者で少額でもキャッシングをしているとしたら、今すぐ整理する事が最も望ましく、多重債務者は借金が少しずつ増えるパターン化していますから、いつかは支払ができなくなってしまう可能性が高い人なのです。

 

クレジットカード現金化の活用

そこで、借入とは全く別の仕組みを一時的に活用します。

 

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠は、ショッピング枠のほうが圧倒的に多く、人によっては100万円以上の金額が設定されていることがあります。

 

この枠とカードのキャッシング枠を使って、一番金利の低いキャッシングやカードローンに置き換えることができます。

 

そして、使わなくなった他社のキャッシングやカードローンは、完済し解約しておきます。完済や解約の実績があれば、逆にそれだけ信用が増す&さらに借入枠も増えます。

 

ショッピング枠を利用していますから、借入額としてみなされることはなくなりますし、新たに車や住宅ローンを組むときに一時的でも借入枠を増やしたいなら発行元に連絡して一時的に引き上げてもらう事も可能なようです。

 

ショッピング枠は総量規制とは無関係

キャッシングでは、貸金業者から借りている場合は、総量規制の対象になっています。

 

そのため、年収の3分の1以上の借り入れはできないようになっています。それ以上借りるのであれば、業者のほうがストップをかけます。

 

一つの業者だけではなく、複数の業者で借りていても同じことですが例外として銀行のカードローンがあります。

 

そして、クレジットカードのショッピング枠も対象外であり、一時的に借入額をショッピングに付け替えることで、見事に借り入れ先を一本化できます。

 

これで、おまとめローンやローン一本化と同じことをしていることになります。次にすることは、より有利な条件で借りられる借入先を探すことです。

 

まとめ

クレジットカード現金化をおまとめローンに利用する方法をお伝えしました。最後は、より金利の低くて借入限度額の多い借り入れ先一本に絞って、変更することを忘れないようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/12/08 11:40:08 2016年12月